初心者向け格安ギターとバンドメンバー募集のグローバルサウンド新宿
初心者向け格安ギターとバンドメンバー募集のグローバルサウンド新宿
社会人音楽サークル
新宿音楽コンテスト
バンドメンバーを募集する バンドのライブチラシ作成 音楽コラム

機材について

絵を描くには道具(鉛筆、消しゴム、絵の具など)が必要なのと同じで、バンドにも機材はある程度必要だ。
それが鉛筆画なのか油絵なのかは人それぞれだけど、絶対に必要だと思う機材を少しずつ増やしていくのでいいと思う。
「ロックバンド」とアンプラグド的な「アコースティックバンド」では必要な機材も変わってくる。
たとえばアコースティックギターにかけてもいいエフェクターはリヴァーブ、ディレイ、コーラスくらいが基本で、
エレキギターなら何でもありになる。
何を買ったらいいかは一慨に言えない(買いたい物を買えばいい)けど、どんな機材を必要とするのかは、
どんな音楽を奏でたいのか(どんな絵を描きたいのか)をよく考えて選ぼう。




多重録音機

「MTR (多重録音機)」を使ってバンドでテープを作ってみるのもいい。
場合によっては、「DTM(コンピューターミュージック)」を組み合わせてもかまわない。
別に何かのデモテープじゃなくてもいい。
上達してからレコーディングつてのが順序みたいな気はするが、レコーディングすること自体が上達方法でもあるんだ。
20年以上前なら考えられないほど、その手の機材は低価格になってきている。
本当、僕だって自宅でハードディスクレコーディング(HDR)ができるなんて思わなかったもん。
これらの録音機は何回でもやり直すことができ、何回も多重録音(ダビング)できるから、その何回もが上達に導いてくれるんだ。
さらにこれらの物は、買ってきちゃえばとりあえずなんとかなっちゃうことも利点。
「普通のカセットテープレコーダーがダビング可能になる」つて考えで始めちゃっていい。
くわしいことはおいおい知っていけば。
まず僕が勧める方法は、スタジオ(レコーディングスタジオじゃなくていい)で、


①ドラムとベースとギター(パッキング)を録音し、

②仮歌を入れ、

③キーボードを入れ、

④ギターソロを入れ、

⑤仮歌を消しながら本歌を入れ、

⑥自宅でトラックダウン(普通のカセットにまとめる)。


使用する機材なんて用意できるものでいい。
マイクの立て方とかもいろいろ試しながら、少しずつ上達していけばいいんだ。




エレキかアコースティツクか

ギターで説明することなんだけど、僕はいろんなギタリストを見て「なんで片方しか弾かないの?」と疑問に思うんだ。
確かに弾き方には多少の違いはあるけど、同じ音程を出す配列の楽器じゃん。
エレキ弾く人もアコギ弾く(逆の場合も)ことで新しい奏法や考え方を発見するかもしれないし、
表現方法が増えるのはいいことじゃん。
あとね、エレキの上達にはアコギで練習するのがとてもためになるんだよ。
弦の固さもその理由の1つだし、アコギは丁寧に弾かないと鳴らない楽器だから。
エフェクターに頼らないでギターを弾くことにもつながる。
いままで片方だけしか弾いていなかった人は是非チャレンジしてみてほしい。