初心者向け格安ギターとバンドメンバー募集のグローバルサウンド新宿
初心者向け格安ギターとバンドメンバー募集のグローバルサウンド新宿
社会人音楽サークル
新宿音楽コンテスト
バンドメンバーを募集する バンドのライブチラシ作成 音楽コラム

アレンジ法について

アレンジ(編曲)の方法は大きく分けて2通りある。
まず、誰か1人が考えてくわしい譜面を書いてくる方法と、みんなで知恵を出し合って曲を完成していく方法だ。
そして、バンドでは後者の方法がおもに取り入れられるのだが、それを「ヘッドアレンジ」と言う。
そのまんまの「頭で考えるアレンジ」で、譜面が書けなくても平気なのだ。
スタジオでなんだかんだと、ゴチャゴチャ合奏(それがバンドの楽しみでもある)しているだけでも、
ヘッドアレンジみたいなもんだから、すでにキミはソノ方法を取り入れているのかもしれないよ。
ヘッドアレンジの最大の利点は、複数の人間のアイデアが生かされる事だ。
合わせてみることで浮かんでくるアイデアもあるだろうし、各メンバーの好みってのもあるわけだからね。
ただ下手すると、このアレンジが元で「ケンカ」や「煮詰まり」になってしまうことがあるので、
バンドを進めていくリーダー格の人は常にそうならないように気を配っていた方がいいかも。
複数の人間が1つの目標に向かっていく事は難しい。だから逆にうまくいった時の喜びは大きいのだ。
まあ、ケンカしちゃって解散したらしたでしょうがないさ。
またバンドを作り直すしかないよ、実際の話。
悲しいけどね。