初心者向け格安ギターとバンドメンバー募集のグローバルサウンド新宿
初心者向け格安ギターとバンドメンバー募集のグローバルサウンド新宿
社会人音楽サークル
新宿音楽コンテスト
バンドメンバーを募集する バンドのライブチラシ作成 音楽コラム

バンドのスタートアップアドバイス

これからバンドを始めるわけだけど、キミのイメージするバンドってどんな感じだろう?
キミの好きな音楽、もしくはバンドでやりたい音楽はどんな曲だろうか?
まだ、ぼんやりとしたイメージしがないかな。「バンドつてどんなものかよくわからないもん」って人もいるよね。

でも音楽を演奏してみたい、音楽が好きだっていう気持ちはあるはずだよね。
あまり深く考えたことはないとは思うけど、これが大切なんだ。
すべてはここから始まるといっても過言ではない。まずは音楽が好きだっていう気持ちをいつまでも忘れないでいてほしい。

どんなときでも、その気持ちはきっとキミに光を与えてくれると思うから。

それじゃあ、立派な日バンド結成を目指して頑張ろう。




バンドマスターはメンバー募集しよう

やっぱり自分がバンマス(バンドのリーダー)になってバンドを引っ張って行きたい!
と考えるキミはメンバー募集をしよう。

まずは自分の演りたい音楽性、方向性を明確にしておくことだ。
バンドに対するビジョンがはっきりしていれば、
集まるメンバーも同じような音楽嗜好やバンドに対する思い入れがあり、
バンドの結成を早めることになる。

もちろん、そこまでのビジョンはまだないというキミだって、自分でバンドを始めることは大いに賛成だ。
バンドのメンバーと一緒に勉強していけばいいだけの話だからね。



話が早いのはバンドに加入させてもらうこと

手っとり早いのは、活動しているバンドに加入してしまうことだ。

とはいえ、自分の演りたい音楽性、方向性などがピンとこない場合が多いかも知れない。
もしくは、自分の演りたいバンドのイメージが沸かないかも知れない。

そんなときでも、ぜいたくを言わずに片っ端からセッションを試みることだ。
学校のサークルや口コミ、楽器屋さんの貼紙や雑誌などのメンバー募集コーナーなどから
初心者希望、初心者可などと書き添えられているバンドをターゲットに、どんどんチャレンジしてみよう。





軽音楽系サークルを攻めてみよう

キミの学校には軽音楽サークルのようなものはあるかな?

学校公認であろうが、非公認であろうが、軽音楽系サークルが存在していたら門を叩いて、
バンドをやってみたいという気持ちを伝えてみよう。
何かしらの収穫はあるはずだ。

また、門を叩く場所として軽音楽系サークルでなければいけない理由はない。
例えば、それはブラスバンド部でもOKだ。
直接部長に掛け合うなりして、自分に付き合ってくれそうなバンドマンがいないか、あたりをつけてみるのだ。

お門違いといわれてしまえばそれまでだが、ひょっとしたらという可能性もあるかもしれない。




友達からだってバンドは生まれる

クラスメイトにバンドマンはいるだろうか?

もし、いるのならその人に相談してみるのも手だ。
経験者であればノウハウも教えてくれるだろうし、ある程度の情報も持っているだろう。
また、バンドマンがいなくても音楽に興味のある友達や、バンドに興味を持った友達はいるだろうか?
興味のない人を無理に引きずり込んだところで、いい結果は期待できないし、
バンドマンへの遠回りとなってしまうだけだ。

ただ、まったくバンドに免疫がなく、そこそこの興味しかない人でも、
始めたとたんに力を発揮するといった逸材も存在するので、絶対やめたほうがいいとは言えない。

要は一緒に楽しめる仲問になれそうかということ。バンドを結成してすぐに解散じや意味がないしね。




バンド関係の情報ネタはメディアにもある

ひと昔前からバンド・メンバー募集は音楽雑誌に載っているメンバー募集のページや、
楽器店やリハーサル・スタジオに貼り出されているメンバー募集のチラシなどに頼ることがほとんどだった。

しかし、最近では情報の多様化によって個人情報誌などにもバンド関係の情報が掲載されている。

また、インターネットでもバンド関連のメッセージは飛び交っているんだ。

もちろん、それぞれにメンバー募集、加入希望のコーナーが設けられている場合も多い。
特にインターネットはレスポンスのよさが魅力だろう。

このグローバルサウンドのバンドメンバー募集のサイトも大いに利用してもらいたい。