初心者向け格安ギターとバンドメンバー募集のグローバルサウンド新宿
初心者向け格安ギターとバンドメンバー募集のグローバルサウンド新宿
社会人音楽サークル
新宿音楽コンテスト
バンドメンバーを募集する バンドのライブチラシ作成 音楽コラム

詞や曲を書くと入ってくる著作権印税

僕は、ロックーアーティストと仕事をしている。
彼らの多くは、自分で曲を書き、詞を作っている。
曲だけ、または詞だけを書く人もいる。
CD制作(レコーディング)よりずっと前、その曲自体を作る段階に参加した人には、著作権印税を受け取る権利が発生する。
作曲家、作詞家と呼ばれる人たちは、この印税で生活しているプロである。
作品として発売されるCD、ライブでの演奏、ラジオやテレビでの放送、第三者がカバー作品としてCD化または演奏したもの、
カラオケ、出版物に楽譜や詞が掲載されたもの、その他。
厳密に言えば、その楽曲が何らかの形で利用されたものにはすべて、著作権印税が発生すると考えてまちがいではない。
アーティスト印税の項目に、五万枚以上売れるとプラス収入が大きくなる、と書いたが、
この著作権印税収入が大きくふくらんでくるということなんだ。
ヒット曲を出したときは、この著作権印税がアーティスト印税を大きく上回ることが少なくない。
「楽曲の一人歩き」という言い方があるが、作った本人が全く活動をしていなくても、いろんな形でその曲が使われることによって、
知らないうちに、自分の銀行口座にこの印税が振り込まれている。
ビッグヒットを出したアーティストが、その後は全く沈黙しているのに立派に生活しているという例、思いあたるふしがあるでしょ?
CDが売れた枚数、使われた回数、その内容などで印税の金額は大きく異なるので、詳細は書けないが、
その管理は日本音楽著作権協会(JASRAC)がすべてを取りしきっている。
各アーティスト(作家)は、直接ここに登録するか、
もしくは代理店として音楽出版社と契約することによって、この著作権印税の支払いを受けることができる。
一般的な方法は後者である。
なぜならば、レコード会社とマネジメントプロダクションは、常に音楽出版社との提携業務をくり返しており、
そのほとんどは、関係会社として音楽出版社を運営しているからだ。
では、いちばん気になるお金の流れにふれてみよう。
レコード会社から出荷されたCDは、流通センターを経由して、小売店(ディーラー)に卸される。
直接小売店に行く場合(このような小売店を特約店という)と、
さらに大型の卸専門店を経てその傘下の小売店に行く場合(このような小売店を傘下店という)の二つの形がある。
特約店はレコード会社と直接の小売り契約を交わしており、大型のディーフーのほとんどが特約店だ。
傘下店は、卸専門店と契約しており、地方の小型店が中心だが、
CDの総売上げの半分はこの傘下店が占めているから、小さなお店もあなどれないのだ。
とにかく、どのお店もディーラーという言葉で呼んでしまおう。
店頭に並び、お客さんが買っていく。
ある一定の期間は店頭に並んでいるが、売れ残ったCDは、容赦なく返品されてしまう。
毎月、数多くの新譜が発売されているので、ディーラーも長期間の在庫は不可能なのだ。
ディーラーは、売上げ金額の25~30%のマージンを取り、残りを各レコード会社に送金する。
レコード会社は、出荷したCD枚数から著作権料を計算して、これをJASRACに収める。
JASRACは手数料を取り、残りの金額を、曲ごとに登録されたそれぞれの音楽出版社に支払う。
音楽出版社は、出版社取り分という手数料(著作権料の33~50%)を取り、残りを作詞者、作曲者に分配する。
これが、著作権印税なのである。