初心者向け格安ギターとバンドメンバー募集のグローバルサウンド新宿
初心者向け格安ギターとバンドメンバー募集のグローバルサウンド新宿
社会人音楽サークル
新宿音楽コンテスト
バンドメンバーを募集する バンドのライブチラシ作成 音楽コラム

興行の成功はコンサートプロモーターの肩に

音楽ビジネスの中で一番きつい仕事は、コンサートプロモーターだろう。にもかかわらず、ライブ興行における最も重要な存在なのも確かである。コンサートを主催するのは、まさにギャンブル。利益のマージンだって、特に新人アーティストになると、ほんのわずかだ。とは言え、コンサートプロモーターにもいろいろあって、地元のナイトクラブをブッキングするようなところから、アリーナやスタジアムなどでの大きなコンサートをとり行なうものまでと様々。中には、ブッキング、公演の宣伝、契約など、すべてを詳細に渡って丸ごと請け負う例外的なところもある。逆に、何を言ってもはっきりせず、できるだけ安上がりに済ませようとする低俗なプロモーターも。こんなところと仕事をすれば、宣伝が不充分でチケットの売り上げがかんばしくなかったり、セキュリティがいい加減なためにツアークルーと揉めたり、オーディエンスが危険な目に遭ったりすることがある。アーティストが使途不明金を負わされる、なんてこともあるかもしれない。そんなことのないよう、仕事の内容をきちんと把握し、滞りなく行なおうと一生懸命になるプロモーターのもとでライブができるようにと、私はいつも願っている。次にブッキングエージェンシーだが、ここの仕事はコンサート契約に関することすべてを詳細まで扱うこと。充分な下調べをして、低俗なコンサートプロモーターを見抜くことも不可欠だ。ブッキングエージェンシーがなければ、必要な事項を自分達で事前に詰めていくことになる。その中で一番重要なのは、各公演に関する正確な条件が明記された契約書をもらうことだろう。日程、会場名と住所、ライブの所要時間、その他の出演バンド、そしてギャラなどが含まれていれば大丈夫。そのギャラの典型的な支払い形態は、まずショウの手付け金として、プロモーターからギャラの50%を事前にもらう。そして残り半分は、ショウで得た分から公演後にもらうというものだ。その他、サウンドや照明の条件、楽屋の有無、機材搬入時間、終了時刻の規定、そして現地スタッフの就業に関する規則といった詳細も、必要なら指定しておこう。それと契約書に補足条項を添付すれば、食べもの、飲みもの、夕オルなど、自分達からのリクエストを入れることもできる。とにかくどんな条件であれ、コンサートプロモーターが一流なら、すべてが効率良く運ぶのだ。