初心者向け格安ギターとバンドメンバー募集のグローバルサウンド新宿
初心者向け格安ギターとバンドメンバー募集のグローバルサウンド新宿
社会人音楽サークル
新宿音楽コンテスト
バンドメンバーを募集する バンドのライブチラシ作成 音楽コラム

喋りが苦手な人のほうがMCの上達が早い

よく「私MCとか苦手なんで」とステージで言ってしまう人がいます。また、その逆で「俺はMCが得意でね。ライブやってもしゃべってばかりでさ、曲減らしちゃうこともあるくらいだよ」と言う人もいます。しかし、MCが得意だと言っている人に限って身内にしかわからないことをしゃべってしまい、初めてのお客さんには話が通じていないということがよくあります。そういう人はMCがうけているとつい調子に乗って長々としゃべってしまいがち。さらに、客席にしらけている人がいるのを気が付かないままライブを進めている人までいます。客席に大勢の友人が集まっているようなライブではなおさらこういうことになりがちです。身内にしかわからないMCをしている人は、実は身内にしかうけていないという事実を認めようとする意識を持ち合わせていません。なぜならばそういう人は「お客さんは俺を見に来てる」と思って疑わない。つまり、自分を見に来ているお客さんがうけているのですから「MCはこれでいい」と思っているのです。ではその夜、彼のお客さんはどうやって集まったのでしょうか?実は彼のファンというわけではありません。そういう人は普段から友達を作るのがうまかったりするのです。誰とでもすぐに親しくなれるタイプの彼は「今度ライブやるんだけど来ない?超楽しいよ」とすっと言えるタイプの人なのです。ですのでライブには友達がつきあいで来ているのです。そういうタイプの人は、打ち上げと称しライブに来てくれた友人たちと必ずと言っていいほど飲みに行きます。そして大勢の友人たちを紹介して、また友達が増える。さらに、自分のライブの日以外は友達のライブに行っては打ち上げに参加し、また友達を作っていく。そういう風に輪を広げているのです。集客という角度から見ると彼は大変立派でありますが、彼のライブを見に来ているのは友達であって、決してファンではないのです。無論、アマチュアバンドが出演している世の多くのライブハウスはチケットノルマがあるため、ライブをするためには友達を呼ばなければならないという暗黙のルールが存在します。ゆえに、彼は多くの友達を作り、ライブに誘わざるを得ないのです。世のライブハウスがそういうシステムである限り、彼のようなタイプの人は売れなければいつまでも友人を呼んでライブをするほかないわけです。友達を呼んでライブをするしかないことと「身内にしかわからないMCをする人」が増殖してしまうということは直結こそしないかもしれませんが、そのシステムが「そういう人」を増やしてしまった理由のひとつであるでしょう。しかし、本来ライブとは友達を呼んでするものなのでしょうか?そしてMCは身内にわかればそれでいいのでしょうか?それはもちろん間違いです。本来はライブを聴いてくれた方がファンになってくれてまた聴きに来てくれることのほうが正解だと思います。じゃあ、どうすればよいのでしょうか?そこで重要なのが正しいMCなのです。歌も演奏も素晴らしいのに何年やっても友達しか来ないバンドが多いのは、間違ったMCをしていることに大きな原因があるかもしれないのです。いや、むしろ演奏を間違えるよりも間違ったMCをするほうがよっぽど致命的だと言えます。正しいMCとは友達にだけ通用するものではなく、見知らぬお客さんをも巻き込むMCです。見知らぬ大を巻き込むMCには手順と定石があり、その具体例はこれまで書いてきたとおりですが、何よりも大事なのはまず「正しいMCをしたい」という意識があるかどうかです。さてここで「MCか、苦手だなあ」というあなたに驚くべき事実を書いておきましょう。実はしゃべり好きな彼のようなタイプの方よりも「私、MCが苦手なんです」という人のほうが正しいMCをできるようになるのが早いのです。それはなぜなのでしょうか?そもそも身内に向けてMCをしてしまうタイプの彼は「自分はまったく間違っていない」と思っているので改善の気持ちを持ちにくい。しかし、MCが苦手なタイプの人は「どうしたらうまくしゃべれるようになれるのかな」という気持ちを持っているケースが多いからであります。実際、最初はぜんぜんしゃべれなかったのに、うまいMCをするようになった人を私は何人も見ています。MCが苦手な人がなんとかしなくてはと思うようになると、まず他人のMCを研究するようになるのです。そうすることで「あー、この話、身内にしかわからないよね」とか「この人はあまりしゃべらないけど言ってることがよくわかるなあ」ということが見えてきます。あとはそれを、自分のMCに活かしていくというわけなのです。このように、まずは人のMCを聞くこと。それが大事です。たとえば自分がライブをするときに対バンがいたとします。それがもし音楽的に好きではないバンドであったとしてもMCは勉強になります。うまいMCであろうと間違ったMCであろうとです。前出の彼のようなタイプは対バンがいても聴かないで、自分のライブが終わるとさっさと友人と打ち上げ会場に行ってしまいます。ゆえに、いつまでも変わらないのです。さらに、MCが苦手な人がなぜ上達しやすいのかにはもうひとつ理由があります。苦手ゆえに余計なことをしゃべらないからです。メンバー紹介や曲名、そして「ありがとうございました」を言うのが精いっぱい。それでも友達にしかわからないMCをするよりもはるかにいいのです。ところが、曲名しか言わない人がライブ中に突然、「みなさんのお宅にはベランダがあるでしょうか?」としゃべりはじめると、口数が少ないゆえにものすごい効果が生まれます。つまり、ほとんどMCをしない人がするMCには「なにか伝えたいことがあるに違いない。何を言い出すのかな?」と無意識に思わされてしまうのです。これは前回までに書いてきた山ほどある客席コントロール技の中のひとつでもあります。MCが苦手な人は、そうとは知らずに客席コントロール技を繰り出してしまっているのです。ですので極端に言えば、必要最低限のMCと効果的な一発MCだけでもライブは持ちます。ところが向上心のある人は、さらに上を目指してきます。研究し続けることによって「こういう風にすると客席の反応はこうなる」という引き出しをいくつも持つようになってくるのです。いずれにせよ大切なのはお客さん全員にわかるようにMCをするということ。これができなければその次のステップは踏めません。しかし、そういう意識を持つようになると飛躍的にMCがうまくなります。ライブに限らず、テレビ番組でもラジオでも「この場面では自分ならどう言うか」という勉強の手立ては転がっています。まずは意識改革からスタートしてみてください。